株式会社美翔 株式会社美翔

CONTACT

トピックスTOPICS

2021.04.24 お知らせ

「ホワイト物流」推進運動


トラック運転者不足が深刻になっていることに対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に役立つことを目的として、以下に取組む運動です。

国民生活や企業活動に不可欠な物流の担い手であるトラック運転者の不足は極めて深刻で、トラック運転者がいないために物が運べないこともしばしば生じています。
その背景には、出荷元・納品先での待ち時間が長いことによる長時間労働や、積込・積降し等荷役作業の肉体的負担などがあります。
これら荷待ち時間や荷役作業時間の長さ、および荷役作業の負担の改善には、出荷元や納品先での物流業務を効率化することが欠かせません。
物流事業者と、荷主企業や納品先企業等の物流の利用者が相互理解の下に連携して、物流の効率化や生産性向上に向けての取組を広げていくことが求められています。

内容はhttps://white-logistics-movement.jp/outline/より抜粋しています。

そこで私たち株式会社美翔も「自主行動宣言」をおこない物流に携わる事業者として責任ある行動を行います。
作業負担軽減、適正価格でフェアな取引、CO2削減等環境対策、安全で無理のない配送依頼などに努めます。

自主行動宣言と取り組み内容

  • 自社センターにおいて荷待ち時間や運転者の手作業での荷卸しの削減、附帯作業の合理化等を推進します。物流事業者から要請があった場合は、真摯に協議に応じるとともに、自らも積極的に提案します。
  • 出荷時の順序や荷姿を想定した生産・荷造り等を行い、荷待ち時間を短縮します。ルールとして出荷日の前日までに荷物は仕上げておくことにしています。
  • 物流事業者から、高速道路の利用と料金の負担について相談があった場合は、真摯に協議に応じます。
  • 運送契約の相手方の物流事業者に対し、下請けに出す場合、「運賃と料金の別件契約を原則化」「燃料サーチャージ導入相談がある場合は応じる」これらに準じて対応するように求めます。
  • 台風、豪雨、豪雪等の異常気象が発生した際やその発生が見込まれる際には、無理な運送依頼を行いません。また、運転者の安全を確保するため、運行の中止・中断等が必要と物流事業者が判断した場合は、その判断を尊重します。

これは一部抜粋していますがこのほか「物流生産性向上」「荷役作業の負担軽減」「納品先企業の入荷作業効率化」等、改善と協力を行っていきます。

ホワイト物流 推進運動のウェブサイト
https://white-logistics-movement.jp/

CONTACTお問合わせ

お問合わせフォーム03-5243-0951
pagetop
line twitter Instagram

Copyright © 株式会社美翔